宝石鑑定士の収入はどれくらい?

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法

ダイヤの鑑定書などを作る鑑定機関やお店で働く宝石鑑定士の給料はどれくらいかを調べてみました。特別高給ではないようです。

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法のメイン画像

新着記事

ダイヤの鑑定書は絶対必要?

ダイヤの査定には鑑定書が必要と思われていますが、絶対に必要だというわけではありません。

ダイヤの査定額に差が出る理由とは

ダイヤの査定額に差が出る理由を調べました。鑑定士がいるところだと鑑定書の有無は関係なく高めに査定額が出るようです。

宝石鑑定士の収入はどれくらい?

ダイヤの鑑定などを行う宝石鑑定士になった後、その資格を活かして就職した場合、どれくらいの給料がもらえるのでしょう。

宝石鑑定士になるにはそれなりの費用がかかります。

それなりの収入は得られるのでしょうか。

【宝石鑑定士の給料は】

せっかく資格を取ったのだから、それを活かしてそれなりの収入を得たいと思うものです。

実際にあった宝石鑑定士の求人内容を見てみましょう。

GIAの「G.G」取得者で月給23万円くらい~、鑑定の実務経験が1年以上の人なら30万円くらい~という求人があります(東京都内)。

地域や採用する企業によって金額の違いがありますが、特に高給というわけではないようです。

【接客力も大事】

ダイヤの鑑定を行い、鑑定書を作る鑑定機関であればあまり人と接する機会はないようですが、宝石店や買取店に就職した場合は接客力も重要になります。

接客術ならこちらをcheck!→話せばわかる 積極接客 「驚きの提案」でリピーター?

宝石店なら宝石を買いに来た人にその宝石の説明や鑑定書の内容の説明、どんな宝石がおすすめかなどのアドバイスをするので接客力が必要です。

【宝石と人が好きな人に向く】

宝石が好きというのが一番ですが、人と接することも好きな人が活躍できます。

宝石店にジュエリーを買いに来るお客様のほとんどはワクワクしながら来店するものです。

より良いものを選んでもらうためには、お客様とのコミュニケーションがうまく取れる人の方が向いています。

宝石が好き、でも人も好きという人が向いているかもしれませんね。