ダイヤの鑑定書は絶対必要?

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法

ダイヤの査定には鑑定書が必要と思われていますが、絶対に必要だというわけではありません。

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法のメイン画像

新着記事

ダイヤの鑑定書は絶対必要?

ダイヤの査定には鑑定書が必要と思われていますが、絶対に必要だというわけではありません。

ダイヤの査定額に差が出る理由とは

ダイヤの査定額に差が出る理由を調べました。鑑定士がいるところだと鑑定書の有無は関係なく高めに査定額が出るようです。

ダイヤの鑑定書は絶対必要?

ダイヤの買取には鑑定書が必要と言われていますが、かなり昔のダイヤで鑑定書がどうしても見つからない、そもそも最初からなかったということもあるでしょう。

鑑定書がないと買取はしてもらえないのでしょうか。

【鑑定書は絶対ではない】

ダイヤの買取をお願いしますと言うと、必ずと言っていいほど「鑑定書はありますか」と言われます。

無いというと「買取額は下がります」とか「買取できません」というお店があって、ダイヤの鑑定書はそれほど大事なものかと思うことがあります。

確かに鑑定書はそのダイヤの品質を記載したものですから査定には必要かもしれません。

しかし、絶対に必要かというとそうではないのです。

【関連記事】:https://www.excite.co.jp/News/net_clm/20150913/Goowatch_1cb5d2dfa5b90289ed6a20721b69f153.html

【怪しい鑑定書も】

宝石の鑑定書というのは、極端にいうと「誰でも作れるもの」です。

昔に発行された鑑定書の中には、現在実在しない鑑定機関(鑑定所)の名前が記載されているものがあります。

そういったものは本来の評価よりもいくつか上の評価がしてあることが多いのです。

【鑑定士に見てもらう】

宝石鑑定士がいる買取店だと、鑑定書が無くてもダイヤの現物を見て査定してくれます。

鑑定書があればその内容と実物が一致しているかをチェックしてくれます。

ですから鑑定書があってもなくても鑑定士がいるところなら正確な査定をしてもらえるのです。

査定の際には鑑定書はあった方が良いのですが、なくても何ら問題はないのです。

正しい査定をしてもらえるように、鑑定士が在籍するお店を選びましょう。