キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 アパートの入居率を上げるには : アパート建築費リサーチナビ!

アパートの入居率を上げるには

せっかくアパートを建てたのに、空室が目立って利益が上がらない、ローンの支払いが厳しくなったということでは困りますね。

アパートの入居率アップのためにオーナーができることは何なのでしょう。

【入居率が上がるアパートを建てる】

満室を維持するためには、入居率が高いアパートを建築することです。

どんなことを考慮するのかというと、その地域の需要に合ったアパートを建築することです。

そして長期的に見て入居率を維持できるアパートを建築することです。

また、建築費などのコストを抑えることも重要になります。

【入居率をアップするために】

建築した当初は入居率が良かったのに、年数が経つにつれて入居率が悪くなったという声もよく聞かれます。

建物は当然年数が経つと古くなってきますが、設備を新しい物件に負けないくらいのものにして見た目を良くしたら入居率はそれほど下がるとは考えられません。

築年数が経ったものでも、定期的なメンテナンスをすることで入居率の低下を防ぐことができます。

オーナーのメンテナンスの心がけ次第でアパートの寿命が延び、入居率もアップします。

【修繕費は積み立てを】

アパートを経営するにあたり、年数が経つにつれて設備や建物に傷みが出てきます。

そんな時にメンテナンスを行いますが、修繕費が用意できなかったので修繕ができず、入居者が出て行ってしまったという話もあります。

古い建物でも設備がきちんと整備されていれば、入居者が減ることはまずありません。

せっかく高い建築費を支払うのですから、良い状態をキープし続けて良いアパート経営をしましょう。