アパートローンと住宅ローンの違い

アパート経営のためにアパートを建築する時に、ローンを利用する人が多いと思います。

自己資金が少なくてもローンを利用すればアパートを経営することができます。

アパートローンというのがあるのですが、住宅ローンとどう違うのでしょう。

【アパートローンとは】

アパートローンというのは、アパート建築費や購入費に使え、多くの金融機関が取り扱っています。

アパートローンの審査OKとなれば、アパート経営が始められると考えて良いでしょう。

ほとんどの人がアパートローンを利用してアパート経営をしています。

【住宅ローンとアパートローンの違いは】

住宅ローンは、住宅の購入のために融資を受けるものです。

アパート建築費などは住宅ローンを組むことはできません。

アパートローンと住宅ローンの違いは、金利や審査基準にあります。

住宅ローンの金利は低めで審査は申し込んだ人の返済能力を主に見ます。

アパートローンは返済能力よりもアパートの収益はどうか、資産価値はどうかを審査されます。

そのためアパートローンの金利は住宅ローンよりも高めになっています。

【フルローンも可能】

アパートローンは、条件が良いアパートであればフルローンを組むことも可能です。

アパートローンの条件については、各金融機関で様々です。

ですからいくつかの金融機関に申し込みをしてみて、一番条件が良いところに正式に申し込むようにすると良いでしょう。

金融機関によって、不動産融資に力を入れているところがあり、良い条件で融資をしてくれることもあるようです。