初心者が株を始める前の注意とは

SITE MENU

株の初心者で絶対知っておきたいこと!

株の初心者で絶対知っておきたいこと!のメイン画像

株を始めるにあたり、初心者が気を付けたいことについてまとめています。株のリスクとその対処の仕方を覚えましょう。

初心者が株を始める前の注意とは

株を始めてみたいけれど、全くの初心者なので何から始めたら良いのかわからないものです。

利益が出る事もあれば損をする事もあります。

この、損をする事があるというのが銀行などへの預金とは大きく違う所です。

そのためトレダビのような株投資ゲームで経験を積んでから実際の株取引を始めるという方も少なくありません。

損をする可能性をできる限り低く抑えるためにはどのようにしたら良いのか、心構えや知っておくべきリスクなど株を始めてみようと思っている人に知っておいてもらいたいことをまとめました。

【株のリスクって?】

株にはリスクがあると言われていますが、リスクには倒産リスク、値下がりリスク、流動性リスクの3つがあります。

これは「危険度」という意味で使われています。

この他にもう一つのリスクがあって、それが株の上昇、下落のリスクです。

これらをうまくコントロールしてリスクを軽減させていくことが大切です。

【危険度の意味】

株の危険度というのは、倒産、値下がり、流動性の3つです。

会社が倒産したら株価は0になってしまうので、その会社に投資したものはすべて失います。

値下がりは買った時よりも株価が下がることです。

株価は日々変動しますので、値が下がる可能性も十分あります。

流動性というのは、自分が株を売りたい時に買い手がいないため現金化できないことを言います。

【株価は日々変動するもの】

初心者の人は、自分が買った株が上がるか下がるかドキドキしてしょっちゅう株価のチェックをしてしまいますよね。

株を始めるにあたり気を付けておきたいことは、株価が下がることは当然であると考えることです。

いちいち一喜一憂していては身が持ちません。

株価の値上がり、値下がりという収益のブレをいかに少なくするかが大切なのです。

ブレを軽減するには、長期投資をすること、積み立て投資をすること、分散投資をすることです。