ダイヤの鑑定書を作成できる宝石鑑定士

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法

宝石鑑定士の資格についてです。資格を取った後はダイヤの鑑定書を作成する鑑定機関に就職する人が多いようです。

奥が深い!ダイヤ鑑定書の賢い利用法のメイン画像

新着記事

ダイヤの鑑定書は絶対必要?

ダイヤの査定には鑑定書が必要と思われていますが、絶対に必要だというわけではありません。

ダイヤの査定額に差が出る理由とは

ダイヤの査定額に差が出る理由を調べました。鑑定士がいるところだと鑑定書の有無は関係なく高めに査定額が出るようです。

ダイヤの鑑定書を作成できる宝石鑑定士

美しい宝石、ダイヤは見ているだけで幸せになるものですが、そのダイヤはどれくらいの価値があるのか、専門家に鑑定してもらいたいと思ったことはないでしょうか。

私たちは「きれい」としか表現できませんが、宝石鑑定士という専門家だと宝石の真偽はもちろん、クオリティはどうかも判定してくれます。

その宝石鑑定士になるには、どんな勉強をすれば良いのでしょう。

【資格を取得するには】

宝石鑑定士になるには、資格主催団体が開催する講習会に参加し、修了する必要があります。

GIA(米国宝石学会)、JBS(ジャパンジュエリービジネススクール)、英国宝石学会、中央宝石研究所などが開催する講習を受講します。

通信教育などもあるので自分に合った受講方法で学びましょう。

【受講料は?】

宝石鑑定士になるための講習の受講料は、団体によって差があります。

GIAだと約200万円しますし、JBSだと約50万円というようにかなりの差があります。

GIAは世界最高の宝石鑑定士の資格と言われているのでこれだけの値段は仕方がないのかもしれません。

【資格取得後の仕事は?】

宝石鑑定士になった後、就職する場所と言うのはダイヤの鑑定と鑑定書を作成する鑑定機関や宝石鑑定士になるためのスクール、宝石店、ダイヤ専門買取店などがあります。

一番多いのはダイヤの鑑定書を作成する鑑定機関でしょうか。

資格が活かせる場所として一番相応しいですね。

しかし常に募集があるわけではないので、簡単に就職できないのが現状のようです。